東京愛人デートクラブ横恋慕

ディズニーランドの2番の謎 > 交際クラブ > 東京愛人デートクラブ横恋慕

東京愛人デートクラブ横恋慕

東京愛人デートクラブ横恋慕

 

最近の芸能界は横恋慕ラッシュですがもともと芸能界に限っては狭い世界ですので過去に交際していた女優がすぐに他の俳優と恋中なんて話はごろごろしていてまるで学校の中の世界だけの恋愛なんて感じもしてきます。また昔の歌手の歌の中にもそのようなフレーズが沢山出てきます。まちぶせなどは歌のメロディーは最高なのですが歌詞がかなりえぐい内容で正に横から狙って横取りです。ケンカをやめてに至っては三角関係を歌っていてこちらもえぐい歌詞になっていて主人公の女性が煽って楽しんでいる感じです。昔の歌詞は今では考えられないような三角関係の歌詞だらけだったりオニャん子クラブに至っては淫行を煽っている歌詞が沢山歌われていて今ではすべてNGになるような物ばかりでした。

 

これが公の有名人ならば今は道徳的にはいけないと言われますが、普通の一般人同士では逆にそこまでの暇と時間がないようにも思います。これが男性側が経済的に裕福な状態であれば内容は変わってくると思われます。家のローンなどの返済で家計が苦しいと主婦は外に働きに出かけます。そこで働き始めたスーパーの社長と恋中になってしまったなどの話はよくあることです。また20代同士のカップルが彼氏の目を盗んでアルバイトに出かけてそこのお店に来る会社の社長と恋中になってしまったなどの話も良くあることです。ただこの場合はお金絡みが三角関係の発端がほとんどになってきます。ですので実際はかなりの割合でお金が絡んだ三角関係の交際は多いと思われます。

 

このような時にはその内容で割り切り交際やスポンサー交際に近い会員制のデートクラブや交際クラブなどが一番合う形になってきます。それはただの三角関係ではないからです。相手の女性には経済的な問題がありその解決のために会う女性が多いからです。相手の男性は経営者などの富裕層ですので交際内容はとてもクールな関係で交際していけます。トラブルを抱え込まないスマートな交際が出来るのが富裕層の男性になり相手の家庭にも入り込まなく交際相手のパートナーにもわからないように付き合えるからです。

 

恋は奪い合いで愛は与えることと言われるようですが恋が多くなればなるほどリスクも負担も大きくなります、綺麗な女性ならプライベートでも恋の一つや二つ位はあるのも普通でその恋の相手がひと癖ある人物ならば特にトラブルの可能性も増えてきます。このような時にも会員制のデートクラブや交際クラブは初めに女性の面接をしますのでその女性の素性などが事前に把握が出来るからです。このように恋の継続にはそれなりのリスクもありますので間に第三者が入ることによってお互いのリスク軽減に繋がる物でもあります。

会員制のデートクラブや交際クラブなら自由な交際が可能になっています。



関連記事

  1. 交際クラブなら
  2. 東京愛人デートクラブ横恋慕